冬なのに、西は暖かいから島に行った。

 

冬なのに、西は暖かいから島に行った。

冬なのに海がどうしても見たくなって突然、行った。
しょっちゅう行ってるけど、やっぱり島はいい! 静かでのどか。
あの素朴さがたまらない。
季節をかえたら、また全然違う顔。
少し高い丘に登らないと、海は遠くまで見えないから島に着いたら、必ず高いところまで歩こう!
ここがミソ。

 

瀬戸内はあんまりにも美しい。
夕方は黄金色に変わるときがある。

 

全然飾ってないから、特に面白い。
でも、何もないくせに、本当はたくさんあるという、変なところ。
自分が見つけよう!という気になれば、いくらでも何かが発見できる。

 

小さい島はいくつもあるから、時々は行ってみる。

 

冬でも温暖だからそんなに思ったほど寒くない。夏の方が危ないかも。あまりにも暑すぎて…

 

やっぱり、重装備で行くんじゃなく、軽いノリで行った方がいい。
雑草だって背が高い。
冬はミカンの木やレモンの木が、実を採らないままついてたりとか、よく見たら、あっちこっちある。

 

島は原爆にあっていないから、広島の昔がそのまま残ってるところが多い。
岩でも見上げるようなすごく大きいのがたくさんある。
冬などは鵜飼いの鵜のようなのが、入り江の方にはいたりする。これも時期なんだけど…
市内の人でも、見たことない物が見れるところだ。

 

あんまり集団で行くのは良くない。
観光客は、一人二人でバラバラで行った方がいい。
なんせ、島が小さいから…